« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/30

The Boondocks!!

The Boondocks: Because I Know You Don't Read the Newspaper Book The Boondocks: Because I Know You Don't Read the Newspaper

著者:Aaron McGruder
販売元:Andrews Mcmeel Pub
Amazon.co.jpで詳細を確認する

A Right to Be Hostile: The Boondocks Treasury (Boondocks) Book A Right to Be Hostile: The Boondocks Treasury (Boondocks)

著者:Aaron McGruder
販売元:Three Rivers Pr
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Boondocks 2008 Calendar Book Boondocks 2008 Calendar

著者:Aaron McGruder
販売元:Andrews Mcmeel Pub (Cal)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Public Enemy #2: An All-New Boondocks Collection (Boondocks) Book Public Enemy #2: An All-New Boondocks Collection (Boondocks)

著者:Aaron McGruder
販売元:Three Rivers Pr
Amazon.co.jpで詳細を確認する

******************************************************

こんなにいろいろ関連商品がありました!来年のカレンダーまである~!!

マンガも興味深いですよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/24

ひたすら、リスニング!

自分で貼っておきながら、やっぱり遊んでしもうた。

あのシュールな顔したさすらいバードって・・・・飛ばしたい!!

で、黙々とクリックしてしまってます。こまねこも邪道って思ってるんだけど~・・

BLOGの中を走り回るっていうから、つい・・・てへ。

さて英語はですね~。。。なんだか大手英会話教室やらなんやらで問題噴出してますが、それはさておき。(基本独学なのでね!)

またリセットして集中リスニングしております。それが終わったら書き取りする予定。意味より耳で。(まずは、デス)なんだかずっと基本に戻ってる感じ。

進めよ!!

そういえばこないだ上海にいる友人と久しぶりにチャット!!

しばらく連絡できなくても、また話せばすぐ戻っちゃう。スバラシイ~!

なんせ中国は13億の人口、もう競争率がハンパない。

「三ヶ国語はあたりまえ」なんだそう!!ひゃあ・・・

私たちが思い描いている「中国」とは少し違うかもしれない。

やはり、大きな大陸なので「格差」がものすごいのかも。

今いろいろ問題になっているのも一部のこと。工場や小さな会社が起こした大きな違反行為がその国の象徴のように扱われるが、なかなかどうして。

上海レベルの国際都市にはつわもの揃い。日本人は太刀打ち出来る?

とにかく登り調子のエネルギーってすごいもんがある。ハングリー精神というか。

前にもどこかで書いたと思うけど、中国(というか上海かな?)の小学校ではコンピュータと英語は当然らしい。

日本ってずっと前から言ってるのになんだかあんまり機能している気がしない。

そのうちやります、って言ってる間に子供は卒業ですから。

ここではとりあえず英語!って言ってやってるけど、別にほかの言語でもまったく構わないどころか、英語以外もやるべきだと思います!!

中国語もテキストとか覗いたことあるけど、まあ、まず私には無理。もしもこの先英語がもう少しマシになったら、なんか別の言葉も習得してみたいですね~~。

学校とかで習得出来た人たちはほんとにウラヤマシイですが、ここのコンセプトは「独学」なのでいいもんね。

よって母国語以外に何かを習得していこうって思っている人たちとは励ましあってやっていけたら!って思ってます!

それではなにかまた聞き取り用のVideo探してきます~!!

あ、その前にさすらいバードちょっと飛ばしてもいい?

**********************************************************

音楽配信サービス:MOOCS(ムークス) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/14

ちょっとだけサイド・バーが・・・

変更されました~★

もともとゴチャゴチャしてるのにもっとゴチャゴチャになってしまいましたね・・・

あまりに画像とかが多いと重くなりそうなのでおいおい整理していきたいデス。

サイド・バーはほとんど遊び!

すぐ飽きちゃうから、なんか面白そうなものを見つけたらとりあえず貼ってみたりしてます。

ブリブリかわいいのよりも、なんかシュールなのがスキです・・・

遊び過ぎないようにしないと!(←言い聞かせ)

(`・ω・´)  (←とかいいながら、顔文字コピー使ってみました♪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/10

Ne-Yo

Ne-Yo[Do You] 歌詞つきなのでヒアリングしてみてください♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/07

そうかあ~~!!??

なんと、月日の経つのは早いことか・・・・

気がつけば、五月も終わり、六月も半ば!!

こちらのサイトもなかなか更新できず、ガッカリ・・・

ここではひとつの記事を書くとなんと100以上のスパムが来てしまい、ビックリしてしまって・・・

それにくわえて、相変わらずパソコンの調子が悪い!!IEが強制終了されてしまって、いつもすべて消えてしまうんですよ。それどころか、最近では電源がいきなり落ちる。

でもでも・・・・なんとか更新していく予定ですっ!



さてっ!!!

英語に関してです。しばらく書けなかった間に心境の変化あり。

思い切っていいます!!

和英辞典も、英和辞典も捨てます。

手元にあるのは英英辞典のみ!!!


もうこれしかないです!


アタマを英語思考にするには・・・・

でも英語を勉強や、学習としてやらなければならない場合は個人の判断にまかせますが。


単語力がそんなになくて、なんとか会話するには・・・・??

というか、そういう状況にもしなったとしたら?

結局知っている英語で説明しているんですね。

で相手が「○○??」って単語を言ってくれたら、それを覚える。

あるいは知ってる言葉で説明したあと「これ、なんていうの?」と聞いてしまう。

ある意味、言葉を覚えるときっていうのは、そんな風でしょう。

たとえばいきなり英語圏の国に住んだと仮定して、その時点でほとんど母国語のようには話せない、として・・・

結局、子供がちょっとづつ覚えるみたいにまずは「聞く」

相手がいなくてもたとえばテレビでもラジオでも・・・

そこからまねる。間違える。ちょっとましになっていく。

地道なトレーニングというのが、感覚としては近い気が・・

思うに音楽も実は同じ気がしてます。このことをずっと考えているときに、Jazzのインプロヴィゼーションなんかは、楽譜なんて見てたらダメなんですね。

少しは音楽の基本を知っている、楽譜も読める、というところまできていたとしても、アドリブのコツや呼吸なんていうのは、譜面どおりにやればいいってもんでもない。

クラシックが出来てもJAZZはまた別。日本語はできるけど英語は別。

細かいニュアンスが出ない。そういうのって、やっぱりトレーニングに近い。

まずは「聞く」そして口ずさめるくらいまで聞き込んだらオトを拾ってまねする。

ニュアンス、細かい間の取り方は楽譜をいくら睨んでてもできるようにはなりません。

音符をおこさなくてもいいと思います。この時点では。

たとえば英語だとシャドウイングみたいなことですかね。この段階でも細かいアクセントや、息継ぎみたいなのも、感覚で覚えていくしかない。

それをいやというほど繰り返す。なのでやっぱり根気でしょうか。

それからオトだと、ライブ映像を見ながらオトを叩き込んでいく。緩急なんかもなんとなくわかってくる。

英語だと、耳から聞く段階から、映画にシフトして、表情や感情も一緒に体にしみこませていく感じかな。

ここでも途中で投げずにとことんしみこむまでやらないとダメかも。

だいたいこの辺で挫折しがち。ワタシもなんせ、挫折したクチなので・・・

なんか飽きちゃって。モチベーション保つのが大変。

なのでアーティストのインタビューとか、PVなんかをうまく使っていけたらいいな!ていうのがもともとここのコンセプトだったので・・・・

たとえば恋人や伴侶がそうなら話せるようになるなんてよく言われるけれど、見てるところ、モチベーション保つことにはなるけれど、そのこと自体で自動的にうまくなるなんてことはないと思います。

かえってあんまり話せないまま、シングリッシュ??なんて・・・

ないでしょ!!それは。

一番多いのは、もともとその人の国の言葉を話せる。あるいは、相手が日本語ができる。

ワタシの親友で今は上海に移住した女性がいるのですが、だんなさまはチャイニーズ(超ハンサム)です。子供も二人いますが、彼女は見た目中国人。だって母国語のレベルで話すんです!!

でも彼女いわく「だんなは教えてくれないよ、そんなの面倒だし。だいたいわかるから、直さない。通じればいいというか・・・」

おまけに彼は日本語が上手でした。

なのでかえってちゃんとした言葉で話せなくなる可能性もあります。

でも彼女はだんなさんの両親に会うのでそれまでに!とか、下の子が生まれるまでに!とか、期限を自分で決めて文字通り猛トレーニング!!

でも中国語ですよ!?ふうう~~~。

そのとき思いました!伴侶がいるからしゃべれるようになるのではなくって、結局は自分!!!

両親に会うから、とか、彼やだんなさんの友達に会うから「ちゃんとやらなくちゃ!!会話ができない!!」というのは共通してるみたい。

なので力をつけるにはどちらかというと、友達を作るほうが、甘えがなくて上達するんじゃないかと思いますね~~。もちろん友達がいなけりゃいけないことはぜんぜんないですが。

それもできれば同性のほうがいい気がしますよ。言葉使いとかを覚えるときに・・・ね?

たとえば知り合いの知り合いのアメリカ人男性で日本語できるのはいいけど聞けば「ウソ~~~、マジデ~~?ムカツク~!」なんていうわけですよ。

ああ、こいつ、若い女の子と遊び歩いてるからこれかよ・・・って感じになってしまいます・・・。でも確かに日本語しゃべってるんだけどね・・・

言葉って、むずかしい~。

スラングや流行言葉はずっとチェックしていける状況にあるか、そのほうが話しやすい友達がいる、とかいうのなら別だけど、前にオリンピックのメダリストの女性がそのころ覚えた日本語で「チョベリグ!」とか言ってたけれど、逆に今言うとマズイ。もう五年もたつとそんな言葉は使えない。

このへんは洋服みたいだな~~。。。って思っちゃった。

長く使うためには「ベーシック」なほうがいいっていうか。

でも同世代だったり、ニュアンス的に多少はスラングもありですよね~?そのあたりは相手の使ってる言葉を少しマネしてみるとかすれば、そんなに間違いはないかと。

英語が母国語のようにできる方たちにしてみたら、なんでできるって言われても・・・っていうことでしょうね。

なんで日本語話せるの?って、聞かれたら・・・私たち、なんて答えるんでしょうか?!

なんで話せるんでしょうかね~~~!!

これだけは言えます。勉強したからじゃないですね。

小学校にいったら勉強しますが、その時点で日本語話せないって子供はいません。

なのでテストでいい点をとらなくてはいけない状況は、まったく別物として考えたほうがいいと思います。

要は脳の回路というか・・・・その辺ができないとダメなのでは。

切り替えというか・・・

たとえば故郷の友達に会うと「北九州弁」が出るんですが、なんだか、これで話さないと「なんか違う」んですよね~。あ、うん、の感じが!!

なのでみんなでその言葉で話すのが大好きです!!ちょっと忘れてたりもするけど、みんなが話すのを聞いてると思い出してくる。

そういう意味でいうと「そのころの友達と話すときはそっちの言葉になってるね~」ってムスメに言われたとき無意識に切り替わってたのに気づいた。

「バイリンガルやも~~ん!標準語と北九弁と!」なんて調子ぶっこいてましたが、そういう意味ではワタシの英語はまだまだ「英語弁」のレベルだな~~と・・・・

まあ、こんなことにいろいろと気づいたわけです!!!は~~~。

ムスメもボイトレの先生に言われていることとかは、共通項がありました。

ようは五感で覚えていくしかない。頭だけじゃなくて・・・・

要するに言葉て、感性だな~~と。まあ、音楽もそうでしょうか。

機械的なものではないですね。

なんか言葉で表しにくいけど。

なので、翻訳とかになると、また違った意味で勉強しなければいけないかもしれないですね。日本語も、両方。でもその前に母国語レベルで回路ができていれば大丈夫かと。日本語だって、わからなくて広辞苑を引くわけだから。

そういう感覚で英英辞典を引く!!これですね!(言うのは簡単)

たとえば、ここに書いたことを英語で説明できる?っていうことですね。

それができるようになりたいですね~~。

なんか英語見るのも聞くのもイヤになるときとか普通にあります。日本語ではそんなことないのにね。

というわけでまだまだ道のりは遠そうです~~~!!!!

みなさん、いろんな理由で英語に興味があるんだと思いますが、ちょっとガッツリやってみま~す!!

すでに問題なく英語で話が出来る方々にしてみたら、「・・・」でしょうが。

うう。

あと、映画のセリフも準備中♪(ずっと言ってるな・・・)

**********************************************************************

ロングマンワードワイズ英英辞典 Book ロングマンワードワイズ英英辞典

販売元:桐原書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ロングマン現代英英辞典 Book ロングマン現代英英辞典

販売元:ピアソンエデュケーション
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オックスフォード現代英英辞典 第7版 Book オックスフォード現代英英辞典 第7版

著者:A S Hornby
販売元:オックスフォード大学出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

マクミラン英英辞典(コンパクト版) Book マクミラン英英辞典(コンパクト版)

著者:マイケル ランデル,グィネス フォックス
販売元:紀伊國屋書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こんなこともできる英英辞典活用マニュアル Book こんなこともできる英英辞典活用マニュアル

著者:磐崎 弘貞
販売元:大修館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

マクミラン英英辞典(ペーパーバック版) Book マクミラン英英辞典(ペーパーバック版)

著者:マイケル ランデル,グィネス フォックス
販売元:マクミランランゲージハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ロングマン ワードワイズ英英辞典 Book ロングマン ワードワイズ英英辞典

販売元:ピアソンエデュケーション
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »