« Chris Brown!! Interview♪ | トップページ | Fergie★Intewview♪ »

2006/11/08

カタカナ英語の弊害!?

さて、句動詞もまだまだ掘り下げないといけないんですが、その前に・・・

実際に話していて困ることって、ヘタに英語だと思って使っているいわゆる「カタカナ英語」ってヤツ。

住んだことがあったり、ものすごく勉強していてそれがまだ全然単語力として残っていれば別だけど、そうじゃない場合に一番てこずる。なぜってそれは「英語」だって思ってるんだもん。

例えば「アルバイト」これもワタシは英語やん!!(つーか日本語じゃないじゃん!?)って思ってた!

今ではもちろん間違えません。「Part Time Job」

あと「コンセント」も英語だと・・コンセントが空いてない~って言いたくてもそこが通じないとなると・・・軽くハラたちます。

例えばPlugと言うのは一応(英)で、(米)では「Outlet」ですもん・・・安売りの店か?!

コンビニもダメ。まあ、これは略してるけどちゃんと「Convenience Store」

ホテルの「フロント」もありませんね。(玄関って意味になっちゃう)

これは「Reception Desk」

ホッチキスすら・・・通じん!!

「Stapper」

「ガム・テープ」なんなんだ、この造語は・・・

「Pcking Tape」そうよね・・このあたりから英語脳になってくる感じ?

ティッシュペーパーですら・・

「Kleenex」ほんとかよっ?!(映画とかで確認できる模様)

あとはビニール袋。頼むよ~~~(泣

「Plastic Bag」よ=っ!!!

ビジネスマンもないよ・・・

「Office Worker」そ、そうよね、そうよね。

ここいらあたりでまだまだ初級ですからね、ったく。

自分が間違えたのを敢えて・・・結局そこから?って感じ。

んじゃ「ガスコンロ」は?英語のような違うような・・。

なんとコンロは焜炉、日本語なんですって!!が=ん。

なので「Gas Stove」だす~~。

例えば「ギャラ」これも通じなさそうですよね~~。これは保証に通じる「Guarantee」から来ているらしくやはりダメ。

正しくは「Performance Fee」

言っておきますが「マザコン」ってのも言いたくなるときがくるかもしれないし、こないかもしれないけど、実は映画なんかでよく出てくるんですよね。

「Mama's Boy」でOK.

例えばマスコミってのもなくて

「The (Mass)Media」

例えばボーイフレンドですら、「恋人」の意味だから(ちなみにLoverは不倫関係)ボーイフレンドたくさんいる!って言ってしまうと「プレイガール」になっちまいます。

んじゃ、なんて言うんだよ?!!(怒

って思う、普通に。

Male Friendらしい・・・

ああ、ややこしきカタカナ英語!!!初めから英語をカタカナにしたらいいじゃないのよ!?って思うわ、ほんと。

そういうわけでかれこれ何年もショックを受けては「んじゃ、なんて言うわけ?!」の繰り返し。

そのたび腹立たしく、長年これで慣れちゃうとアメリカ人に対しても「あんたが間違ってるの!!」とか言いたくなりますわ。ふうぅ・・・ショックを受け続けたのはこの本。

参考文献コチラ

通じないカタカナ英語 Book 通じないカタカナ英語 

著者:ボイエ デ・メンテ,ヘンリー スコット=ストークス,松本 道弘
販売元:DHC

Amazon.co.jpで詳細を確認する 

んもう、こんなにいっぱいあるわけ~~!?

|

« Chris Brown!! Interview♪ | トップページ | Fergie★Intewview♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99277/4114508

この記事へのトラックバック一覧です: カタカナ英語の弊害!?:

» 捜査筋 [任期は年]
こぼれ話 今日の朝刊 月に最悪記録と として ブエノスアイレ... [続きを読む]

受信: 2006/12/01 08:36

« Chris Brown!! Interview♪ | トップページ | Fergie★Intewview♪ »